【2021年 最新版】SurfShark VPN 完全レビュー【評判/ メリット・デメリット】

 

本記事はこんな方におすすめ

  • SurfsharkVPNの評判が気になる
  • Netflixは使えるかどうか心配
  • メリット・デメリットを知りたい
  • 接続スピードを知りたい
  • 料金がお得かどうか知りたい

 

こんにちは、ラムネです。

 

今回は、SurfsharkVPNを徹底レビューしていきたいと思います!

 

目次

 

SurfsharkVPNの基本情報

本拠地 イギリス領ヴァージン諸島
ウェブサイト SurfsharkVPN.com
ロケーション数 60ヵ国以上
サーバー数 3200以上
他国のNetflix視聴 可能
トレント 可能
暗号化 AES-256
プロトコル WireGuard, OpenVPN, IKEv2
カスタマーサポート 24時間のライブチャット対応
ログポリシー 最小データ収集
価格 月額¥272〜
無料トライアル あり(ios/ Android 専用)
(+30日間返金保証

SarfsharkVPNのサイトをみてみる >>>!

 

サーバー/ ロケーション数

 

SurfsharkVPNでは60ヵ国以上3200以上のサーバーを利用できます。

 

利用できるエリアは下記の通り。

エリア 国数
アメリカ 9カ国+
ヨーロッパ 35カ国+
アフリカ・中東・インド 6カ国+
アジア・太平洋 12カ国+

 

他のVPNサービスと同様に、

北アメリカとヨーロッパに多くのサーバーが集中しています。

 

しかしながら、アフリカ大陸にも利用できるサーバーがあると言うのは

他社と比べても非常に珍しい点です。

(ちなみに、PureVPNはアフリカのサーバーが150以上利用可能)

 

 

価格

 

SurfsharkVPNは、3つの料金プランを提供しています。

 

どのプランを選んでも、利用できる機能や安全性に違いはありませんので、

最もお得なプランを選ぶのが賢明と言えます。

 

プラン一覧

 

+$0.99/月額することで、HackLock (Eメールアドレスが流出した際に知らせてくれる機能)と

BlindSearch (ウェブ検索時の広告ログを排除する機能)を追加することができます。

(詳細は後述の”様々な機能”セクションにて解説)

 

2年プランが最もお得で、

月額わずか270円で全ての機能を余すことなく利用することができます。

 

しかも+ 無料で3ヶ月追加されるので、実質約4,500円分得をしていることになります。

 

なお、 30日間の返金保証も確約しており、

万が一満足いかなかった場合は、全額返金受けることができるので安心ですね。

 

SarfsharkVPNのサイトをみてみる >>>!

 

支払い方法

 

Surfsharkは、複数の支払い方法に対応しています。

 

くわえて、暗号通貨での支払いも可能な為、

契約・支払いまでも匿名で行いたいと言う方にもオススメです。

 

対応している決済方法

  • クレジットカード(VISA, MASTER CARD, AMEX, DISCOVER)
  • Google Pay
  • Amazon Pay
  • 暗号通貨(ビットコイン, イーサリアム, リップル)

 

しかしながら、

暗号通貨決済の場合は30日間返金保証が適応されないので注意が必要です。

 

無料トライアル

 

Surfsharkは、7日間の無料トライアルを用意しています。

 

iosとAndroidに対応しており、それぞれApp StoreやGoogle Play Storeにてダウンロード可能です。

(WindowsとLinuxには対応していない)

SarfsharkVPNのサイトをみてみる >>>!

 

セキュリティ

 

Surfshark VPNは、セキュリティの高さも評判が良く、

様々な機能が利用できるのが特徴です。

 

暗号化とプロトコル

 

Surfsharkの暗号化技術は軍事レベル。

 

悪意のあるハッカーから攻撃を受けた場合でも、その暗号化を突破することは事実上不可能です。

 

利用可能プロトコル

  • WireGuard
  • OpenVPN TCP
  • OpenVPN UDP
  • IKEv2/IPsec

 

2020年の10月、

Surfsharkは次世代のWireGuardを実装したと発表しました。

 

従来のプロトコルよりも速く、 

Windows, macOS, Android, iOS であれば利用することが可能です。

 

Surfsharkの”Camouflage” と” NoBorders”モードを使えば、

中国のグレートファイアウォールも突破可能。

 

中国国内にいても、Google系列アプリやLINEなどが利用可能になります。

 

トンネリングプロトコル

インターネット接続を”仮想トンネル”に通して接続することで、外部から情報を見えなくする

 

ちなみにVPNに関する詳細は、下記よりご覧いただけます↓

【実はこんな使い方も!?】知られざるVPN 活用法 13選【メリット】

 

キルスイッチ

 

Surfsharkのキルスイッチは性能が抜群。

2018年の導入以降、着実にその性能を上げ続けています。

 

キルスイッチ

不意にVPN接続が切断された際、インターネット接続も自動で切断してくれる機能。意図しない情報の漏洩などを防ぐ

 

※LinuxのSurfsharkアプリにはキルスイッチがデフォルト実装されていない為、

Linuxユーザーの方は注意が必要です。

 

本拠地は”イギリス領ヴァージン諸島”

 

Surfsharkの親会社は、イギリス領ヴァージン諸島にあります。

 

どこやそれ!?となりますよね。

 

イギリスとついていながらも場所は南米で、プエルトリコの横に位置しています。

 

近くにはドミニカ共和国やハイチがある。

 

イギリス領ヴァージン諸島は、国際的な情報共有同盟である14アイズにも参加していないので、

セキュリティ保護や情報共有の面では安心できます。

他国から要求されても情報開示を簡単に行わないということです)

 

No-logポリシー

 

Surfsharkは“IPアドレス, 閲覧履歴, セッション情報,  接続時間, ネットワークトラッフィク, などを収集しない”と述べており、

実質、ほとんどNo-Logであると確認できます。

(保有しているのはプラン購入履歴とEメールアドレスのみ)

 

ここまで情報を保有せずVPNを運営しているプロバイダーは珍しく、

VPNに接続しどんなサイトも安全に閲覧することができますね!

SarfsharkVPNのサイトをみてみる >>>!

 

 

様々な機能

HackLock

 

2019年に導入された本機能。

 

ユーザーのパスワードやEメールをはじめ、個人情報や支払い情報などのセンシティブな情報が漏洩した際に教えてくれます。

(+月額103円で利用可能で、後述のBlindSeach機能も付随)

 

SurfSharkのデータベースが漏洩した情報を発見次第、

すぐにユーザーにアラートを送信してくれる為、被害を最小限かつ最速で防ぐことができるのがポイント。

 

 

BlindSearch

 

こちらも2019年導入された機能。

 

少し前に見た商品やウェブページの関連広告が、

画面上に溢れたこと、皆さんありませんか?

 

こちらの機能は、閲覧履歴を基に作成されるウェブ広告などをブロックしてくれ、

個人の消費傾向や、閲覧傾向も収集されません。

 

そのため、

”前にみたサイトの関連商品で画面が埋まる”なんてことがなくなります。

 

+月額103円で利用することができ、前述のHackLockも同時に利用可能です。

 

 

GPSなりすまし機能

 

2019年、GPSなりすまし機能がAndroidデバイス向けに開始しました。

 

この機能は、ユーザーの位置情報をさらなる保護レイヤーで守り、

従来はネット上の住所(IPアドレス)のみを変更できたVPNに加え、デバイスの物質的位置も変更してくれるという優れもの。

(完全に他者の追跡を逃れることができる為、ストーカー等の被害に悩んでいる方にも、対策としてオススメできます。)

 

本機能を使えば、

”日本から操作していた場合でも、ネット上のIPアドレスはアメリカ、パソコンの位置情報はイギリス”というようになるので、

第三者から見れば”!?!!???”という状態ですね。

 

その他機能

 

利用可能なその他機能

✔︎ CleanWeb

広告、追跡、マルウェア、フィッシングをブロック

✔︎ Whitelister

他社でいうところのスプリットトンネルがこれに当たります。(VPNを介して利用するアプリ/サイト、VPNを介せず利用するアプリ/サイトを選択できる機能)

✔︎ Camouflage/ NoBordersモード

中国のグレートファイアウォールなど、より強固なネットワークの垣根を越える際に利用が推奨。

✔︎ MultiHop

2つのVPNサーバーを同時に繋げさらなる保護レイヤーを作ってくれる機能。プライバシーをこれでもか!というくらい保護してくれるので、センシティブな作業を行う際に使用が推奨されます。

 

写真はアプリの設定画面。 ワンクリックで設定変更が可能。

 

接続スピード

 

Surfsharkは、VPN業界の中でもトップレベルの平均スピードを誇ります。

 

平均接続スピード

(テスト実施期間 11/16 - 11/30)

サーバー①(アメリカ)
ダウンロードスピード 911 Mbps
アップロードスピード 812 Mbps
サーバー②(イギリス)
ダウンロードスピード 672 Mbps
アップロードスピード 681 Mbps
サーバー③(ドイツ)
ダウンロードスピード 611Mbps
アップロードスピード 654 Mbps

 

ご覧の通り、

SurfsharkのWireGuardプロトコルは、ダウンロード/アップロードスピードともに、非常に速いです。

 

4K (UHD) 動画のストリーミングオンラインゲームプレイは遅延なく利用でき、

 10 GB 程のファイルであれば3分ほどでダウンロードで完了します。

 

接続スピードは、日に日にアップデートされており、

VPNプロバイダーのトップを飾る日も、そう遠くないかもしれません。

 

対応デバイス

 

Surfsharkは、Windows, macOS, Linux, Android, iOSなど、

主要デバイスに対応しており、Android TV や Amazon Fire Stick & Fire TVでも、対応アプリがダウンロード可能です。

Chrome/Firefox用のブラウザ拡張機能もあり)

 

なお、特筆すべき点は

接続デバイスの制限がない、つまり無制限というところ。

 

家族や親戚、友達が10〜100人、1億人集まった時でも、

1人がSurfSharkのアカウントを持っていれば、全員のデバイスが保護されるということです。

 

6〜10デバイスまでの同時接続が可能なプロバイダーが多くいる中で、

無制限というのはオドロキかつ、最高の特徴と言えます。

 

ウェブ管理画面より、あらゆるデバイス用のアプリをダウンロード可能。

 

デスクトップ(Windows/ macOS/ Linux)

 

アプリのデザインは、簡潔で非常に使いやすく、

希望の国をクリックすることで、すぐにサーバーに接続が可能です。

 

Windows版でもMac版でも、共に暗号化レベルは軍事級。

キルスイッチなどその他機能も問題作利用可能です。

(他社はWindows版/Mac版で機能が異なる場合が多いが、Surfsharkは違いがない点がスバラシイ)

 

※Linux版はキルスイッチがデフォルトで実装されていないので、

自力で実装方法を探すか、カスタマーサービスに問い合わせる必要があるのが難点。

 

ワンクリックで国の選択・接続・解除が可能

 

モバイル(ios/ Amdroid )

 

Android/ iOS版に対応したアプリが用意されており、デザイン等はデスクトップアプリの簡易版といったところ。

 

セキュリティに関しては、デバイス版と変わりなく、ユーザーのデバイスを守ってくれます。

 

特筆すべき点としては、Android版は独自のキルスイッチ機能を持ち、加えてGPSなりすまし機能を持っているところ。

セキュリティレベルはデスクトップ版よりも強固なのでは、と個人的に感じます。

 

初回起動時はVPN構成の追加を求められるので許可します。

 

アプリのデザインもシンプルで使いやすい。(画像はi phone)

 

マルチホップ機能もカンタン♪

 

あらゆる機能もワンクリックで設定可能

 

ウェブブラウザー(Chrome/ Firefox)

 

Chrome/Firefoxのブラウザ拡張機能が利用可能。

 

ブラウザ拡張機能を使うと、IPアドレスの変更やネットトラッフィクの暗号化が可能に。

CleanWebという機能も使用可能で、トラッキング、マルウェア、フィッシングサイトも排除してくれます。

 

Chromeの拡張機能の総ダウンロード数は、ナント100,000回以上。

 

ちなみに最新版がリリースされたばかりなので、

試してみるなら今がオススメです!

 

その他デバイス

 

Android TV や、Amazon Fire Stick & Fire TVにも対応したアプリを提供しています。

 

そのほか、Apple TVやその他 スマートTV、PS4などのゲームコンソールにも対応しており、

ストリーミングやオンラインゲームでのジオブロが可能です。

 

各種チュートリアルも充実

 

SurfsharkVPNに関するQ&A

 

ストリーミング(Netflix, Hulu, Disney+ etc...)

 

Netflixで問題なく利用でき、他の国で配信されている作品を鑑賞することが可能です。

 

参考までに日本、アメリカ、イギリスのNetflixの総作品数の違いを見てみましょう。

- 総作品数の違い -

日本: 5,065作品 (ドラマ: 1,547 映画: 3,518)
アメリカ: 5,879作品 (ドラマ: 1,844 映画: 4,035)
イギリス: 5,673作品(ドラマ: 1,842 映画: 3,831)

※データは2020年9月のもの

実はなんと、800作品以上もみれる作品数に違いがあるのです。

 

Netflix加入者の皆様の中にも、

”あの作品が見たいのに配信されていない!”

”ついこの間まで配信されていたのに見れなくなってしまった。。。”

という経験があるのではないでしょうか?

 

月額料金を払っているからには、見たい作品が見れないと損した気分になりますよね。

 

SurfsharkVPNを使えば

Netflixに加え、Hulu, Disney+, BBC iPlayer, やその他プラットフォームで利用が可能。

 

+月額230円で、ストリーミングの楽しさが何十倍にもなるのは嬉しいですね。

SarfsharkVPNのサイトをみてみる >>>!

 

 

ちなみに、”Youtube Premiumが破格の月額200円以下、1日6円で利用できる”なんてことも!?

ご興味があればご覧ください↓

【月額182円】Youtubプレミアムが格安で利用できる方法【インド】

【月額500円以下!】Netflixを最安で利用する方法【2021年5月最新】

 

Surfsharkは中国で使える?

 

Surfsharkは中国でも利用可能です。

 

CamouflageとNoBorders モードの実装により、

中国のグレートファイアウォールもくぐり抜けて、

日本にいる時と変わりないネット環境を利用することが可能です。

 

カスタマーサポート

 

24時間対応のライブチャットが利用可能です。

 

待ち時間も短く、対応も丁寧なので

非常に好感が持てるというのが個人的な感想です。

 

対応サポート

  1. インストール手順説明
  2. Q&Aセクション
  3. チュートリアル
  4. リクエスト送信

 

Surfsharkは合法?

 

基本的にはVPN利用は完全合法ですが、

国の法律によって多少異なります。

 

今のところ、 イラク・イラン、北朝鮮、トルコ、ジンバブエなどではVPNの使用が法律で禁止されています。

 

万が一上記の国に渡航する場合は、VPNの使用は控えた方が身のためと言えるでしょう。

 

また、オマーンやロシア、サウジアラビア、中国など、

”VPN使用は合法だが、その許容範囲は限定的”という国もあるので、一応注意しておきましょう。

 

解約や返金申し込み手順

 

解約や返金申し込みは、ライブチャットもしくはメールでのみ可能です。

 

ちなみに、返金保証が切れる1週間前にはメールが届くので、

それまではSurfsharkVPNを存分に使い倒すことをオススメ。

 

解約手順

  1. 管理画面上右上”?”をクリック
  2. ヘルプセンター ”Billing&Account”を選択
  3. Billingセクション、上から1つ目が解約、2つ目が返金申し込み
  4. サイト下部、 赤枠”Live Chat” もしくは "Submit a request" から要望を送信

 

解約の場合→ I would like to cancel my subscription.

返金の場合→ I would like to get a refund.

(日本語でメールしてもおそらく対応してくれるはずですが、英語の方が確実かつ対応早いです。)

 

ちなみに

”Could you please let us know what made you reconsider using our services? ”

というように”キャンセル理由”を聞かれます。

 

その場合は

"No need to use VPN anymore." (もうVPNを使う必要がなくなった)

というように返信すると、問題なく解約が可能です。

 

解約手順(図解)

?マークをクリック

右から3つ目、”Billing&Account”

上から1つ目が解約、2つ目が返金

支払いのキャンセルに関して。

返金に関して

 

 

もし不明な場合はお気軽にご連絡ください↓

Twitter

 

 

最後に

 

料金、利用できる機能、安全性、スピード、

どれをとってもオススメできるSurfsharkVPN。

 

アップデートのたびにその機能を強化し続けている姿勢からも、

SurfsharkがVPN業界で天下を取るのは時間の問題なのでは。。。と個人的に感じます。

 

SarfsharkVPNのサイトをみてみる >>>!

・軍事レベルの暗号化機能

・豊富な機能

・無制限のデバイス接続

・ほぼNo-log

・24時間対応ライブチャット

・Netflixやその他ストリーミングのアンブロック

・30日間返金保証

・複数の主要デバイスに対応

・利用デバイスごとに多少機能が異なる

・ヘルプページが弱い

・一部日本語非対応

 

-VPN REVIEW

© 2021 RamuneVPN