【2021年最新!】Proton VPN 徹底レビュー【評判/ 使い方/ メリット・デメリット】

本記事はこんな方におすすめ

  • ProtonVPNの評判を知りたい
  • Netflixで利用可能かどうかを知りたい
  • メリット・デメリットを知りたい
  • 無料バージョンが気になる
  • 料金がお得かどうか知りたい

 

こんにちは、ラムネです。

 

今回は、Proton VPNを徹底的にレビューしていきたいと思います!

 

無料トライアルの機能も充実しているので、

”最初から有料VPNに課金はチョット。。。”と思っている方にもオススメです♪

 

ではいきましょう!

 

目次

 

基本情報

本拠地 スイス
ウェブサイト   protonvpn.com
ロケーション数 50ヵ国以上
サーバー数 1,000以上
他国のNetflix視聴 可能
トレント 可能
暗号化技術 AES-256
プロトコル OpenVPN, IKEv2
カスタマーサポート Eメール, ウェブサイト
ログ 最低限のログ記録
価格 月額$4.00〜(約420円)
無料トライアル あり

 

ProtonVPNのサイトをみてみる


安全性

 

ProtonVPNの安全性は高く、オンライン上の匿名性はもちろんのこと

データ漏洩やハッキングからの脅威から、私たちのデバイスを守ってくれます。

 

では、その安全性を詳細に見ていきましょう!

 

暗号化技術/ トンネリングプロトコル

 

ProtonVPNはAES-256を採用しています。

 

AES-256は軍事レベルの暗号化技術。

ハッカーでも解読に数百年以上かかると言われておりので、実質無敵です。

 

また、下記のトンネリングプロトコルが利用可能となっています。

 

利用可能プロトコル

  • OpenVPN TCP
  • OpenVPN UDP
  • IKEv2/IPsec

 

トンネリングプロトコルに関しては、特別なものはなく、

スタンダードなものとなっています。

 

OpenVPNは、日常使いのデータ保護には申し分なく、

IKEv2/IPsecは、政府によるインターネット規制などを回避する際に、力を発揮してくれます。

 

トンネリングプロトコル

インターネット接続を”仮想トンネル”に通して接続することで、外部から情報を見えなくする

 

セキュリティ機能

キルスイッチ

ProtonVPNのキルスイッチは非常にパワフル。

IPアドレス等の、予期せぬデータ漏洩を防いでくれます。

 

キルスイッチ

不意にVPN接続が切断された際、インターネット接続も自動で切断してくれる機能。意図しない情報の漏洩などを防ぐ

 

 

スプリットトンネリング

 

ProtonVPNでは、スプリットトンネリングの機能が利用可能です。

 

この機能を使えば、

VPNを通して使用するサイト/アプリと、VPNを通さずに使用するサイト/アプリを分けることができるので、

いちいち接続したり、解除したりする必要性がなくなります。

 

Secure Core機能とTor over VPN機能

Secure Core機能は、ProtonVPNが持つ特徴の中でも

特に評価の高い機能の一つです。

 

Secure Coreという別のサーバーが用意されており、

それらは全て、スイス・アイスランド・スウェーデンといった、プライバシーフレンドリー国家のものになっています。

 

本機能を利用すると、Secure Coreに通してから、通常のVPNサーバーに接続するので、

二重のレイヤーとによる、より強固なセキュリティを実現してくれるというわけです。

 

”二重もレイヤーを通すということは、スピードがかなり遅くなりそう。。。”

と思いますが、速度低下はごくわずか。

 

通常のインターネット利用には全く問題ないものなので、

安全性を高めた状態で、サクサク快適にネットを楽しむことが可能です。

 

 

Tor over VPN機能は、VPNを通してTorを利用できる機能のことで、

強固なセキュリティのもと、ダークウェブを利用することが可能になります。

 

ちなみにTor over VPN機能は、無料バージョンでは利用できないので注意が必要です。

 

Tor・・・

接続経路を相手にわからないようにできる匿名通信システム(もしくは匿名化ツール)。

ダークウェブ等に接続する際に使用されることで有名

 

 

本拠地は”スイス”

 

ProtonVPNの本拠地はスイス

 

スイスはプライバシー保護にとても厳しい国なので、データ保持規制の法律が存在しており、

国際的な情報共有同盟である、5アイズや9アイズ、14アイズなどにも参加していません。

VyprVPNもスイスに本拠地を置いています。)

 

ログポリシー

 

ProtonVPNは、Eメールアドレス・質問内容・支払い情報などや、

名前・クレジットカードの最後の4桁・ログインした時刻など、必要最低限のユーザー情報しか保持していません。

 

ログイン時刻は、ログインするたびに上書きされ、

時間以外の情報は記録されないシステムになっています。

 

No-Logとはいうものの、

正確には”No-Activity-Log"という表現があっているかもしれません。

 

オープンソース化と第三者による監査

 

2020年はじめ、

ProtonVPNはアプリをオープンソース化したことを明かしました。

 

それと同時に、

有名なコンサルファームである、SECコンサルティングによる第三者監査を受けることも発表。

 

第三者から監査を受けることで、

企業のクリーンさが際立ち、サービスの安全性とプライバシーの明瞭さがより一層アピールされるというわけですね。

 

価格

 

ProtonVPNのプランは、

フリー、ベーシック、プラス、ビジョナリーの4つのプランを用意しています。

プラン 金額 使用可能国数 同時接続可能デバイス数 機能制限 Netflix その他機能
Free 無料 3(アメリカ、オランダ、日本) 1 制限された接続スピード × ×
Basic 月額$3.29〜 50+ 2 - × ×
Plus 月額$6.63〜 50+ 5 - Plus servers/  Secure Core/ Tor servers/  Secure streaming
Visionary 月額$19.96〜 50+ 10 - Plus servers/  Secure Core/ Tor servers/  Secure streaming/  ProtonMail Visionary

 

Freeプランは、ProtonVPNの安全性・信頼性のもと利用できるので

他の無名な無料VPNと比べて、不安がないのが嬉しいですね。

 

また、最上級プランの"Visionary"を選べば、Proton Mailという機能がついてきます。

 

Proton Mailは超高度に暗号化されたメールなので、

個人情報や繊細なデータをやりとりする際に重宝しますね。

 

 

無料プランでも問題なく利用可能ですが、

利用可能サーバーがアメリカ・オランダ・日本のみかつ、Netflixなどでも利用できないので、

使う人を選んでしまいます。

 

オススメはPlusプラン

コスパも良く、全国のサーバーを利用して、Netflixなどが’楽しむことが可能です。

 

有料プランは全て、30日間の返金対応期間が用意されています。

 

Freeプランをサクッと利用するのも良いですし、

有料プランの返金保証期間を利用し、ProtonVPNの全機能を試すのもオススメです。

 

 

なお、決済方法に関しては、

クレジットカード、PayPal、ギフトカード、ビットコインに対応しています。

 

 

接続スピード

 

ProtonVPNの接続スピードは、お世辞にも速いとは言えません。

他のトップサーバーと比較すると、見劣りしてしまいます。

 

くわえて、無料プランは接続スピードが制限されてしまうため、

快適なストリーミングやハイスペックなゲーミングには、少し不向きかもしれません。

 

平均接続スピード

調査期間: 2021/02/14 – 2021/02/24)

サーバー①(アメリカ)
ダウンロードスピード 88 Mbps
アップロードスピード 22 Mbps
サーバー②(イギリス)
ダウンロードスピード 110 Mbps
アップロードスピード 61 Mbps

 

Ping値
アメリカサーバー 172 ms
ドイツサーバー 41 ms

 

Plusプランでは、10 Gbpsサーバーが利用できるため、

自宅のネットスピードが元から早いものであれば、より快適なVPN利用が可能となります。

 

Secure Core機能(Plusプラン以降で利用可能)を利用すれば、

より安全性を高めたVPN接続が可能です。

 

ただ、通常接続と比較し、

スピードが少し遅くなってしまうので、その点は辛抱が必要です。

 

ProtonVPNのサイトをみてみる


対応デバイス

ProtonVPNは、Windows/ macOS/ Linux/ Android/ iOSをはじめとした主要デバイスに対応しています。

 

PS4やAmazon fire TV stickなどには対応していませんが、

今後のアップデートに期待がかかります。

 

接続デバイスに関しては、最大10デバイス(Visonaryプラン)まで可能。

 

※Freeプランでは1デバイスのみ利用可能なので、複数デバイスを利用する場合は注意が必要。

 

デスクトップ(対応: Windows, macOS, Linux)

 

デスクトップアプリはマップタイプ。

非常にシンプルで使いやすく、サイバー感漂うカッコいいデザインになっています。

 

アプリ内からは以下の機能が利用可能。

利用可能な機能

  • Auto Connect 速さ・ランダムなど、好みに合わせてカスタム可能。設定したサーバーに起動時、自動接続されるようになります。 
  • Quick Connect ワンクリックで適当なサーバーに繋いでくれます。
  • Default Protocol UDPかTCP(OpenVPNを選んでいた場合)が選択可能。
  • VPN Kill Switch キルスイッチ機能。常にONにしておくのがマスト。
  • DNS Leak Protection DNS漏洩を防止する機能常にONにしておくのがマスト。

 

モバイル(対応: Android, iOS)

 

画像はiOS版

 

モバイル版アプリは、デスクトップ版と比べると機能面がやや劣ります。

 

デフォルトプロトコルはIKEv2ですが、

AndroidユーザーはOpenVPNをマニュアルでインストールすることが可能です。

 

また、Android/ iOS版ともにキルスイッチ機能が使えません。

 

そのため、Andoroidユーザーはデバイス標準のキルスイッチをONにしておくか、

サードパーティアプリの導入をオススメ致します。

 

その他デバイス

 

AsusWRT、DD-WRT、Tomato、Vilfo などでセットアップが可能です。

 

ただ、セットアップは少し複雑。

ルーターにProtonVPNをかませば、そのルーターから発せられる電波自体がVPNを介したものになります。

 

なので、選んだプランにデバイス数制限がある場合は、

”ルーターにProtonVPNを使い、他のデバイスはルーターを介して利用する”ようにすると、

接続デバイス数節約が可能です。

 

ストリーミング

 

ProtonVPNはNetflixのジオブロ解除が可能です。(特にアメリカ版Netflix)

 

Plusプラン以降のユーザーが対象で、

サーバー名に”P”とついているアメリカのプラスサーバーに繋げば、利用可能になります。

 

接続スピードは4KHDに十分なものとなっていますが、

他のVPNプロバイダーと比べると、ローディングやスキップ時にやや時間がかかる印象です。

 

Netflixの他に、Huluにも対応しています。

ただこちらも、Plusプラン以上のユーザーが対象で、”P”とついたアメリカサーバーを利用することで、

ジオブロ可能になります。

 

なお、ストリーミング対応はデスクトップ版のみになります。

(モバイル版は”P”サーバーがないため)

 

ProtonVPNに関するQ&A

 

カスタマーサポート

 

24時間対応のライブチャットには対応していません。

 

ただ、ウェブサイト上のトラブルシューティングページが充実しているので、

セルフでの解決も簡単に可能です。

 

しかし、日本語に対応していないため、

トラブル解決以前に大きなトラブルに直面することになってしまいます。

 

日本語サポートに対応しているVPNプロバイダーなら、

ExpressVPNがオススメです。

 

無料版は安全?

 

安全です。

 

”無料VPNは危険!”と世間一般ではささやかれています。

 

しかしながら、しっかりとした会社基盤かつ、信頼性も高いProtonVPNなので、

無料版でも安心して利用することが可能です。

 

しかしながら、ロケーション数・接続スピードが制限され、Netflixなどでは利用できないので、

”痒いところに手が届いてくれない”、というのが実情です。

 

最後に

 

ProtonVPNは、VPN初心者にぜひオススメしたいVPNです。

 

安全に利用できる無料プランが用意されているだけでなく、

アプリのデザインも使いやすいため、初心者も迷うことがありません。

 

月額料金も安くはないですが、

Proton Mailなどの機能が付いてくるので、VPN以外の機能も利用したい方にはオススメ。

 

ただ、NetflixやDisney+などのストリーミングや、

PS4やハイスペックなPCゲームなど、利用したい目的によってはユーザーを選ぶ可能性が高いです。

 

オールランドに利用可能かつ、安価な月額料金のVPNだと、

NordVPNSurfsharkCyberGhostVPNがオススメです。

 

当サイト TOP10 VPNは下記より↓

【2021年決定版】オススメVPNプロバイダー TOP10

 

ProtonVPNのサイトをみてみる

強固なセキュリティ

・無料バージョンが充実

・ユーザーフレンドリーなデザイン

・Netflix/ Huluに適したプラン

・主要デバイスに対応

・接続スピードがイマイチ

・中国の使用に向いていない


 

-VPN REVIEW

© 2021 RamuneVPN