【2021年最新!】Private VPN 徹底レビュー【メリット・デメリット/ 評判】

本記事はこんな方におすすめ

  • Private VPNの評判を知りたい
  • Netflixで利用可能かどうかを知りたい
  • メリット・デメリットを知りたい
  • 接続スピードを知りたい
  • 料金がお得かどうか知りたい

 

こんにちは、ラムネです。

 

今回は、Private VPNを徹底的にレビューしていきたいと思います!

 

7日間の無料トライアル期間もあるので、

気軽に利用開始することができます。

 

Netflixでの利用はもちろん、

20以上のストリーミングサービスに対応しているので、

エンタメ生活のクオリティ向上間違いなし!

 

ではいきましょう!

 

目次

 

基本情報

 

本拠地 スウェーデン
ウェブサイト   privatevpn.com
ロケーション数 60ヵ国以上
サーバー数 150以上
他国のNetflix視聴 可能
トレント 可能
暗号化技術 AES-256
プロトコル OpenVPN, IKEv2, L2TP/IPSec, PPTP
カスタマーサポート 24時間ライブチャット対応
ログ No-Log ポリシー
価格 月額$2.07 (約225円)〜
無料トライアル 7日間無料トライアル
(30日間返金保証あり)

 

Private VPNの公式サイトをみてみる

 

 セキュリティ/ プライバシー機能

 

VPNを使う上で、セキュリティ/プライバシー保護の性能は非常に重要。

 

VPNプロバイダーの中には、

IPアドレスの偽装がしっかりできていないものや、個人情報が保護されていないものも多くあります。

(特に危険なのは、無料VPN。多くの無料VPNは、広告や個人情報の売買が収入源になっています。)

 

では、Private VPNのセキュリティはどうなのか?

各機能を紹介しながら、確認していきましょう!

 

暗号化技術/ トンネリングプロトコル

 

PrivateVPNの暗号化技術は、軍事レベルのAES-256 bit

 

優秀なハッカーでも、解読には数十億年以上かかると言われているため、

実質ハッキング不可能と言われています。

 

なお、Private VPNは複数のプロトコルが使用可能です。

 

利用可能プロトコル

  • OpenVPN (UDP and TCP)
  • IKEv2 (iOSのみ)(※Windowsはマニュアル設定)
  • L2TP/IPSec
  • PPTP

 

Androidユーザーの中には、IKEv2を使用したい方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、OpenVPNを代替として使えば、セキュリティ/スピード面でも遜色なく利用することが可能です。

 

注意すべき点としては、PPTPは時代遅れのプロトコルという点

他のプロトコルと比較すると脆弱性が高いため、使用しない方が身のためでしょう。

 

全体的に見ると、Private VPNの安全性は非常に強力

 

他のトップVPNプロバイダーにも負けない、

高度なセキュリティ/プライバシー性能を誇ります。

 

トンネリングプロトコル・・・

インターネット接続を”仮想トンネル”に通して接続することで、外部から情報を見えなくする

 

キルスイッチ

 

キルスイッチも、VPNの性能を語る上で非常に重要な要素の一つです。

 

しかしながら、

Private VPNのキルスイッチ機能はiOSアプリでは利用できません。

 

そのため、iOSユーザーにとっては、安全性の面で少し不安が残りますね。

(Androidはデフォルトのキルスイッチ機能を利用することで、補完可能)

 

また、キルスイッチ設定のデフォルトはOFFになっています。

有効にするために、設定画面の”Connection Guard”タブをクリックし、キルスイッチをオンにしておきましょう。

 

常にONにしておきましょう。(画像はMac版)

 

キルスイッチ

不意にVPN接続が切断された際、インターネット接続も自動で切断してくれる機能。意図しない情報の漏洩などを防ぐ

 

情報漏えい防止

 

標準装備である、IPv6と漏洩防止機能のおかげもあり、

Private VPNを利用していて、IPアドレスやDNS情報が炉上下という事例は、これまで一度もありません。

 

IPアドレスも見事に偽装され、

本来の居場所を完全にカモフラージュしてくれます。

 

キルスイッチ同様、設定画面でONにできます。(画像はMac版)

 

DNS(ドメインネームシステム)・・・

ドメイン名を管理して、IPアドレスに変換するという役割を持つもの。

送受信メール、閲覧したサイト、ダウンロードファイル等、個人に関わる情報の多くがDNSサーバーを通してやり取りされている。

 

本拠地は”スウェーデン”

 

Private VPNは、スウェーデンで企業登録がされています。

 

スウェーデンは、国際的な情報共有同盟である、14アイズに参加しており、

他の加盟国(アメリカなど)と、データの共有が可能ということになります。

 

もし、あなたが”政治的団体”、”国際的な過激トピックを扱うジャーナリスト”、”国際的に追われる身”などであれば、

情報共有同盟加盟国のVPNは避けた方がいいのですが、一般市民の方々であれば、特に問題はありません。

(万が一、上記に当てはまった方には、vyprVPNProtonVPNをオススメ。)

 

また、スウェーデンのインターネットサービスプロバイダー(ISP)は、

ユーザーのログ情報(例えば訪問履歴を6ヶ月間など)を保持する決まりがあります。

 

しかしながら、Private VPNを使えばログは残らないため、心配は無用。

(”No-Logポリシー”に関しては、次項で解説)

 

なお、スウェーデンはプライバシー法に関しても、強固な反対意見を示しています。

ただこの件に関しても、Private VPNを使用すればプライバシーは守られるため、問題はありません。

 

このように、

スウェーデンという国自体はプライバシーフレンドリー国とは言えないものの、

”Private VPNを使えば、本拠地のプライバシー問題は気にする必要がない”ということが理解いただけるかと思います。

 

No-logポリシー

 

Private VPNは、強固なNo-Logポリシーを掲げています。

 

プライバシーポリシー上でも、

“PrivateVPN does not collect or log any traffic or use of its service.”

(PrivateVPNは使用や通信に関わる、いかなるログの記録や、収集を行わない)

と記載されています。

 

No-Logポリシーを掲げていたのにも関わらず、

実際はログを保持していたプロバイダーも実はあります。

 

Private VPNの代表いわく、

『仮にスウェーデン政府が、”ユーザーの情報を収集しなさい”と指示してきた場合には、プライバシーフレンドリー国に会社を移転するだろう』

という旨の発言をしています。

 

いかにPrivate VPNが、No-Logにこだわっているか、

ユーザーのプライバシーを尊重しているかが伺えますね。

 

上記からも、

Private VPNは文字通り、非常に”プライベート”なVPNであると言えます。

 

No-Logポリシー
利用者の閲覧情報などログを記録しません/残しませんという約束事。”初めから記録ごと残さなければ、ログ情報が漏れることもないので安全ですよね”というわけです。

 

その他セキュリティ機能

 

キルスイッチ以外にも、

Private VPNでは下記の機能が利用可能です。

 

Private VPNで利用可能な機能

  • Stealth VPN (DPIを迂回し、VPNトラフィックを偽装する機能)
  • Port forwarding (トレントに最適)
  • Application guard (VPNが落ちた際、使用していたアプリも自動切断して守ってくれる機能)

デスクトップ・モバイルともに利用可能です。(画像はMac/ iOS版)

 

このように、

通常のネット利用時、ゲームやストリーミングなどのエンタメ利用時双方で活躍する機能が揃っています。

 

しかも、

Stealth VPNの機能を使えば、中国での自由なインターネット利用も可能になります。 

(中国に行く前に、VPNをダウンロードしておくことを忘れずに!)

 

中国でオススメなVPNは下記より↓

【2021年 完全版】中国で使えるVPN【割引/返金保証あり】

 

サーバー/ ロケーション

 

Private VPNは60カ国以上、150のサーバーが利用可能です。

 

VPNプロバイダーの中には、90カ国以上のロケーションが利用可能なVPNや、24,500ものサーバーが利用可能なVPNもあるので、

それらと比較すると、少し物足りなく感じるかもしれません。

 

しかしながら、

主要な国からマイナーな国まで幅広く利用可能なため、接続先に困ることはありません。

 

スウェーデンに本拠地があることも関係してか、

ヨーロッパの地域に強いのが特徴です。

 

エリア サーバー数
アメリカ大陸 アルジェリア(バーチャル)、ブラジル、カナダ、チリ(バーチャル) 、コロンビア、コスタリカ、メキシコ、パナマ(バーチャル) 、ペルー、アメリカ 25
ヨーロッパ オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、マン島、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モルドヴァ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、 ロシア、セルビア、スロバキア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、ウクライナ 43
アフリカ/ 中東/ インド インド、イスラエル、南アフリカ、トルコ、アラブ首長国連邦 6
アジア/ 太平洋 オーストラリア、香港、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム 16

 

 

接続スピード

 

Private VPNの接続スピードは、日に日に向上しています。

 

業界TOPには及ばないものの、どのサーバーを利用しても、接続スピードが安定しているため、

ストレスフリーなインターネット利用が可能です。

 

Private VPNが提供しているサーバー等のインターネット容量は、

ホスティング会社やその他中継会社を通さず、直接IPトランジットプロバイダーから購入されています。

 

そのおかげで、速い接続スピードと低いレイテンシーが保たれているので、

快適なストリーミング・ゲーミングが期待できますね♪

 

平均接続スピード

調査期間: 2021/03/05 – 2021/03/19

サーバー①(アメリカ)
ダウンロードスピード 122 Mbps
アップロードスピード 374 Mbps
サーバー②(イギリス)
ダウンロードスピード 107 Mbps
アップロードスピード 299 Mbps
サーバー③(ドイツ)
ダウンロードスピード 158 Mbps
アップロードスピード 412 Mbps

 

上記からもわかるように、Private VPNのスピードは全体的に安定しているので、

インターネットに動画視聴、ゲーミングからファイルのアップロードまで、幅広い用途に利用可能となっています。

(ご利用のインターネット接続環境により、結果が異なる場合がございます。)

 

ちなみに、

Netflixなどの主要ストリーミングサービスでは、4Kクオリティでのストリーミングが可能

視聴途中での遅延やカクカクすることなどもなく、シームレスに快適なストリーミングが楽しめました。

(正直なところ、NordVPNSurfshark VPNには及びませんが。。。)

 

また、

Ping値が低く保たれ、レイテンシーも抑えられるため、APEXやタルコフなどのオンラインゲームにも最適

(通常回線よりも快適なゲームプレイが可能してくれる可能性も??)

 

価格帯/ 提供プラン

Private VPNの価格帯は、業界でもトップレベルにリーズナブルです。

 

Private VPNが提供しているプラン

 

どの価格プランを選んでも、

利用できる機能は同じです。

 

現在提供している最長プランは1年プランですが、

追加の12ヶ月が無料でついてくるため、実質2年プランとなっています。

(仕様が変更になる場合があるため、お得なうちにGETしておきましょう)

 

なお、最大同時デバイス数は6となっているため、

スマホやPC・タブレットへの同時接続や、家族・友達とのシェアも可能です。

 

決済はに関しては、クレジットカードペイパル、そしてビットコインでの決済が可能です。

(購入履歴さえも残したくない場合は、ビットコイン決済がオススメ)

 

7日間の無料トライアル期間もあるため、

利用したいサービスやデバイスがある場合、使用可能かどうかを事前に試すこともできます。

(Private VPNのアカウントの作成が必須)

 

もちろん、30日間の全額返金保証期間もあるため、

有料プランを選んだ場合でも安心できます。

 

Private VPNの公式サイトをみてみる

 

対応デバイス

 

Private VPNはWindows, macOS, Android, iOSと、各主要デバイスに対応しています。 

(残念ながら、ブラウザ拡張機能での利用は不可となっています。)

 

同時に6デバイスまで接続可能なため、

複数デバイスお持ちの方にも安心です。

 

デスクトップアプリ(Windows/ macOS)

 

Windows版、macOS版ともにデザインに大きな違いはありません。

 

ただ、利用可能な機能が少し異なります。

 

両者ともに、暗号化技術はAES-256で、OpenVPNプロトコルや、 Stealth VPN使用が可能ですが、

macOS版はキルスイッチ、Application Guard機能などが使えません。 

 

そのため、Windows版と比較した場合、

macOS版は少しセキュリティ面に不安が残るものとなります。

 

また、windows版はサーバーの並び替え(ストリーミングに最適なものなど)が可能なのに対し、

mac版はただ単にアルファベット順のみ。

 

”windowsユーザーは迷わず導入!”と強くオススメできますが、

macユーザーには多少検討の余地ありかもしれません。

(macユーザーには、NordVPNSurfshark VPNExpress VPNがオススメ)

 

Windows版

Mac版

モバイルアプリ(Android/ i Phone & iPad)

 

Android版もiOS版も、シンプルながら使いやすいデザインが魅力です。

両者ともStealth VPNが使用可能ですが、どちらもキルスイッチは使えません。

(Android版は機種に標準装備されているキルスイッチをONにすれば問題なし)

 

モバイル版アプリに関しては、

VPNとして最低限の機能が備わっている印象になります。

 

しかしながら、快適なストリーミングや無料Wi-Fi接続時などの安全なインターネット利用には問題がないので、

複雑な機能を求めず、シンプルなVPNを利用したい方には最適と言えます。

 

 

Windows版

Mac版

 

 

ストリーミングサービスでの利用

Netflix

 

Private VPNを使えば、アメリカやイギリスはじめ、世界各国のNetflixが利用可能になります。

 

限られたサーバー数でありながらも、

全て安定したスピードなので、HD・4K(UHD)クオリティでの動画視聴が可能です。

 

その他、NetflixにオススメなVPNは下記より↓

【2021年 決定版】Netflix(ネットフリックス) オススメVPN 6選

 

その他ストリーミングサービス

 

Netflixだけでなく、20以上の主要ストリーミングサービスに対応しています。

(Amazon Prime Video、Disney+、BBC iPlayer、Huluなど)

 

ここまで多くのサービスに対応したVPNは多くないので、

NordVPNSurfsharkVPNなど、トッププロバイダーと並び、ストリーミングにかなり最適なVPNと断言できます。

(しかしながら、スピードはNord/Surfsharkに軍配が上がります。)

 

HBO Maxも問題なく視聴可能♪

 

 

カスタマーサポート

 

Private VPNは下記のカスタマーサポートを提供しています。

Private VPN 提供サポート

  • 24時間ライブチャット
  • Eメール
  • Q&Aページ
  • TeamViewerを用いたリモート対応

 

ライブチャットの返信は比較的速いため、

困ったことがあれば公式サイトよりメッセージを飛ばせばOKです。

 

ただし、

ライブチャット・Eメールともに英語のみの対応かつ、

公式サイト上のQ&Aページも英語のみとなっているため、注意が必要です。

 

万が一、

英語が苦手な方や、サポートとうまくやりとりができないという方は、

Ramune VPNの公式TwitterよりDMにてご連絡ください。随時対応いたします♪

(※内容によっては対応できかねる場合もありますため、あらかじめご了承ください。)

 

Private VPNに関するQ&A あれこれ

 

Private VPNは安全?

 

安全です。

 

インターネット・ストリーミング、ともにデバイスやユーザーの情報を守ってくれます。

(ただし、macOS版は機能に限りがあるので、その点は注意が必要)

 

PrivateVPNは中国で利用可能?

 

利用可能です。

 

Stealth VPNの機能を使えば、中国の金盾(グレートファイアウォール)を回避し、

中国国内にいても、日本と同じようなインターネット利用が可能になります。

 

解約したい場合は?

 

簡単な手順は以下の通りです。

 

解約手順

  1. ウェブサイト上からアカウントにログイン
  2. ”Support”をクリック
  3. ”Contact Us”から、必要事項を記入(解約や、返金希望の旨など)
  4. カスタマーサポートから返答が来るので、やりとりを通し完了

 

解約手順(図解)

アカウントページメニュー上、”Support”を選択。

解約やサブスクの解除、返金の希望を入力。(英語)

サポートセンターよりメールが返ってくるので、やりとりをすれば完了です。

 

さいごに

 

Private VPNは、シンプルながらも確実にユーザーのニーズに答えてくれる、堅実なVPNと言えます。

 

他のVPNと比較すると、

利用可能なサーバー数や機能が物足りなく感じるかもしれません。

 

しかしながら、

世界各国のNetflixやDisney+などで利用でき、Ping値も低く抑えてくれるので、ゲームにも最適。

 

なおかつ、

軍用レベルのセキュリティに加え、IPアドレス等の流出もありません。

 

それほどハイクオリティでありながら、

月額225円という破格の価格帯で利用可能というコスパの良さ。

 

魅力的なPrivate VPNを、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

(まずは7日間トライアルがオススメ)

 

 

Private VPNの公式サイトをみてみる

 

✔︎ メリット

  • 高度なセキュリティ保護
  • プライバシーフレンドリー
  • 速い接続スピード
  • 主要デバイスに対応したアプリ
  • 安価な価格帯
  • Netflixに最適
  • 7日間の無料トライアル

 

× デメリット

  • サーバー/ ロケーション数が比較的少なめ
  • macOS/ iOSアプリの機能が限られている
  • 日本語ページがない

-VPN REVIEW

© 2021 RamuneVPN